<< 仕方なく。 | main | すべてをおしえてくれない人たち >>

つい先日の話

0
    つい数日前会いたくもない人と仕方なく鼎談した日があった。
    どうしても仕方なくまたまた付き合いで。。。
    話すこともないのに行った自分もあれなんだけど。
    まぁ先方は言いたい事があるわけだ。
    行ってみる早速自論を展開し始めた。
    私の経験上こうだからあなたもこうなるまさに牽強付会だ。
    途中までは流して聞いていたが、どんな人間でも他人に踏み入れてほしくない領域というのがある。価値観も生き方も信念も理念も人それぞれだと言ってしまえばそれまでだが、荒唐無稽・軽佻浮薄な言い方にさすがに感情的になってしまった。よく金持ちが良い家柄の人と付き合いなさい。という言葉が今の僕にはよく理解が出来る。これは確かなことで、そこからいろいろなことが予見することが出来ることからそういった考えにたどり着くわけだ。しかしうまくいかない人ほど人生に空回りしている状態で、それが長く続けばいずれ気持ちも荒んでしまい不如意になっていった結果そのような人間性が出来上がる。通常大人になる、年を重ねるにつれ経験も増えそれは自分の未熟さというものもよりいっそう見えていくものだ。ゆっくりでも確実に失敗を経験に取り入れた人間はこのような会話の場面でも相手のことを多少なりとも斟酌して話す。話す方向性によってすべてが分かる。

    人間限られて生きているんだからくだらない討論会ならもっと時間がたっぷりある似たもの同士でやってもらいたいものだ。もう二度と会うことはないと思うけど相手に今贈る言葉があるなら「酔生夢死」ということばを贈りたいね。こんな事にあつくなった自分もばかだったけど、今考えれば枝葉末節な些細な事だったことは確かだ(汗)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    selected entries
    archives
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode